2005年06月03日

極上生徒会 第9話「好きはとまらない」

今回は飛田小百合がメインの話だったな。
いきなり生徒会にやってきた君塚優子。小百合となんか因縁がある模様。その場は極上生徒会で収めるが、小百合はショックだったみたい。そのせいで、ご飯も食べずに・・・。管理人さんが落ち込んでましたよ?あと、プッチャンが全然出番なかったような。そういやプッチャンてアフレコ現場ではプッさんと呼ばれてるんだとか。

小百合のことを聞いた会長は、久遠と相談し隠密に調べさせることに。実際に動いたのは聖奈のようですな。そこで小百合の過去のことを聞く。昔、小百合は君塚優子の父と練習試合をし、大怪我をさせたんだとか。もう剣は握れないって、けっこう重傷やな。小百合は、ピンチに陥ったからか、教えられてもいない飛田活殺流という、現在の飛田活生流の元の流派を使った結果そうなったと。

優子の父に怪我をさせたことを気に病み、もう剣を持たないと考える。
「剣を握れない私は、もはやただの眼鏡っ娘だ。」
ここは笑うところ?
そこで、奏会長が現れ、極上生徒会にれいんとともに入ることになったのか。

優子と勝負することを決めた小百合。極上生徒会の面々の立会いのもと勝負。結果は小百合の圧勝みたいですな。強すぎだろ。相手ボロボロやん。
まあ結局、優子も優子の父も別に小百合のことを恨んでたとかいうわけではなかったと。むしろ優しい子だと褒めてましたよ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

まほらば 第21話「親・子」

今回でようやく黒崎親子の秘密が明らかに。
沙夜子さんの実家てけっこうな豪邸だったんですな。普通に水羊羹につられて捕まるのは沙夜子さんらしいなあ。昔から水羊羹に目が無かったのかな。てかなんだ、あのでかい網は?そして人が一人入ってるにも関わらず軽がるもっているタチバナは。さらに沙夜子さんを探しに来た朝美ちゃんも軽々と抱えてたし。

沙夜子さんのことを姉様と呼ぶまひる。沙夜子さんはまひるの姉だったのか〜。沙夜子さんと朝美ちゃんを連れて家に帰る。朝美ちゃんはもう驚きっぱなしだな。
そして現れる沙夜子さんの両親。父の丑三は見るからに頑固そうな感じ。んで、母・・・と思われる夕ちゃん。とてつもなく若く見えるんですが?丑三が夕ちゃんに杖でつつかれ、反論できず頭が上がらない感じがまたいいな。この丑三ってのも頑固そうだが、そんなに嫌なやつではなさそうに思えるな。日光に極端に弱い夕ちゃん。サクラもこんなんでよくクビにならんよな〜。てかその前に、よく雇ってもらえたよな〜。タチバナとは違いすぎです。

豪華な部屋や食事に驚きまくりの朝美ちゃん。丑三より下された命令により沙夜子さんに会えないのはかわいそうです。夜寝るときとかとってもさびしそうだったな。

丑三に呼び出される沙夜子さん、ものすごいビクビクしています。昔からこんな感じだったらしい。こんな沙夜子さんですが、駆け落ちをしていたらしい。しかしその相手は駆け落ちごにすぐに事故死か。これは辛いな〜。そして、お見合い写真を渡される。結婚しろってか。でも絶対に結婚させる、みたいな感じではない様子。結局決めるのは沙夜子さんなんだよな。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。