2005年06月06日

うえきの法則 第10話「むくわれぬ正義の法則」

前回に引き続き黒影とのバトル。
黒影は1年前のある事件から変わってしまったらしい。その事件とはバスケの試合で、あと1勝で全国大会へ行けるというとき相手チームから黒影のチームの一人が暴行を受ける。黒影は仕返しに行こうとするが止められ、試合に出る。そして試合には勝利。しかし今度は他のチームメイトに暴力をふるう相手チーム。黒影は怒り相手チームに反撃。その結果全国大会は出場停止。しかもその相手のチームが全国大会へ行くことに。いやいやいや、これはおかしいだろ。理由はどうあれ相手チームに怪我をさせたのだから出場停止はまだわかる。なんで相手のチームが代わりに出る?そっちも怪我させたやん。しかも先生に聞いてもおもいっきしシカト。それ以来すっかり変わってしまったと。

そんな黒影ですが、植木の正義を貫く姿勢に心が揺らぐ。そして自分の分身のクレイマンを消し、一体のクレイマンのみ使い正々堂々と勝負しようとする。しかし、その途中でジャマが入る。ロベルト十団の一人らしい。すっきりしないバトルの終わり方でした。
次はこいつと戦うのかな。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。