2005年06月12日

ローゼンメイデン 第4話

「翠星石」
いきなりジュンの部屋に鞄が投げ込まれ、翠星石登場。
これはまたいいキャラが来ましたな。言葉遣いが丁寧なのか汚いのか。野郎とか胸クソ悪いとかといった言葉の後には、しっかりと「です」という語尾がついてるんだもん。
真紅は真紅で窓を割ったまま放置ってのもおもしろかった。

翠星石の力でまたジュンが変わりつつあるって気がしたな〜。
ジュンのベッドの横に線ひいて入ってくるな、みたいなこと言ってたけど最後にはその線は消してましたな。ジュンに少し心を開いたってことか。
毎回新しいキャラ出てくんのかと思ったら次回は違うっぽいな。
予告見た感じではだいぶおもしろそうやったな〜。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

フタコイ オルタナティブ 第10話「クマのように舞いイカのように刺す」

2koi2.jpg

ネギま、極上と同様30分遅れー。

恋太郎たちのいる銭湯にやってきた霜島。双樹の養育費とかを届けに来た。恋太郎はそれを断るが、霜島になかなかに厳しいことを言われる。これが現実ってやつか。

そうこう言われ、恋太郎は双樹に公彦のところに行くように言ってしまう。すると、双樹は恋太郎に依頼。その内容は自分を探してくれという初めに来たときと同じもの。

その後の恋太郎の行動は、ニコタマの開発計画を止める運動でビラ配り。とっととショッピングモールを作れーとかいう奴にとび蹴り、ジャイアントスイング、腕ひしぎ十字固め。
双樹のことで悩んでるとこにイカファイヤー登場。恋太郎完膚無きまでやられる。針山たちがやってきてなんとか助かったが、恋太郎はさらに落ち込んでる感じ。

居候先の杉作のおばちゃんとこへ戻ったら、事務所の2周年記念パーティー。みんなで騒ぐなか「双樹は?」との声。恋太郎は、探さない方が双樹のためにいいと思ってのことだと。
ばーさんに、父親そっくりの思考回路だ、みたいなことを言われ双樹を探しに行くことに。
怪我を負いながらも双樹を探し、やっと発見。双樹は恋太郎に気付くもなぜか川の方に歩いていく。恋太郎はそれでも双樹を追い、抱きしめる。
「捕まっちゃった」
と双樹。これもまた前に聞いたセリフだな。

その日の夜、イカファイヤーが暴れだし、二子魂川は炎に包まれた。
恋太郎はみんなの逃げる方とは反対に走っていく。イカファイヤーをなんとかする気なのだろう。恋太郎は父親を超えることができるのかといったところか。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。