2005年06月13日

エウレカセブン 第9話

ペーパームーン・シャイン
エウレカセブンのゲームのCM、前と違うバージョンでやってた。主題歌はアニメと同じくFLOWなのかな?
今回の話でエウレカの過去がちょっとわかりました。子ども3人との出会いも。

デルシエロについて、レントンはいい波が来てるからとリフがしたい。ドギー兄さんに言い、給水の時間くらいならってことで一緒にリフすることに。それを見たホランド激怒。デルシエロについてからピリピリしてる。そしてレントンを殴る。なんで殴るのかと問いかけるレントンをさらに殴る。これはちょっとひどいっす。ただの八つ当たりにしか見えません。

そして、その場から去っていくレントン。その先でディプトリーおばさんに再会。
エウレカはレントンを探すためニルヴァーシュで出撃。レントンにいるとこに着くも、ヴォダラクの人たちから石を投げつけられる。それをかばうレントンがちょっとかっこいいです。

エウレカがこんな扱いを受けるわけは、エウレカが昔軍にいたってことだった。エウレカは軍の特殊部隊に所属、デルシエロでたくさんの人を殺したのだと。回想のシーンがあったけどそのころのエウレカの目はなんか怖かった。なんの躊躇も見せず人を殺す。それが戦争ってやつか。そこでエウレカは3人の子を見つけた。それが今の子どもたち、モーリス・メーテル・リンク。そして作戦指揮はホランドだった。ホランドがピリピリしてた理由がわかる。

レントンは、デルシエロへの定時爆撃をやめさせるべくニルヴァーシュに。まだうまく操縦できんのかな。エウレカと一緒に軍の戦艦に向かう。それを見ていたホランドは、あれはエウレカの戦い方ではないと言った。エウレカなら普通に戦艦を破壊するってことか。

月光号にもどったレントンは、ゲッコーステイトの正式メンバーになった旨を伝えられる。そして自分の部屋も与えられる。エウレカは自分が変わってしまったのではないかと悩む。たぶん変わったとしてもそれはいい方向に変わっているんだと思うけどな。エウレカは自分が変わってしまうことをなんか恐れてるみたいな感じがするなー。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。