2005年06月14日

うえきの法則 第11話「ロベルト十団の法則」

白影の男、カムイとのバトル。
黒影との正々堂々の戦いを邪魔され、仲間を攻撃したことが許せない植木。黒影との戦いで疲労してるため苦戦。黒影の弟が止めに入るが、カムイは振り払う。
植木の怒りはさらに高まり、巨大な木を出す。白影のロボットに止められたかと思ったが、さらに木をだし、白影撃破。わりとあっさり倒したかな。

才を失い、普段の生活にかなりの影響が。才がなくなったからってああまで変わるもんなのか。勉強の才がなくなり、植木ひとりだけ授業についていけない。ってことは植木以外にやつはみんな勉強の才は持ってるってことか?それとも急に才がなくなったから授業についていけなくなっただけか。

そんなとき、ロベルト十団の一人が植木にロベルト十団に入るように言ってくる。植木は入ると答える。森は植木がロベルトの仲間になるんだと勘違い。植木はロベルトを倒すためロベルト十団に入るつもりだった。まあ勘違いさせるようなことを植木は言ったんだけどね。

ロベルト十団の集まりに参加するも、植木はあまり歓迎されてない模様。カムイの代わりに入ったとかで文句があったような。カムイは十団の中では弱い方だったんだろうな。
十団のメンバー、でっかいのとかちっこいのとかいろいろだな。どう見ても中学生には見えんやつ多し。
そして姿を現すロベルト、十団はあいさつで頭を下げているが、植木はロベルト直視。他の十団のメンバーかなり驚いてた。ロベルトはそうとう怖いんだな。

次回は十団への入団テストのようです。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。