2005年06月26日

エウレカセブン 第11話

「イントゥー・ザ・ネイチャー」

エウレカはまだ不調。食事中は最近見た夢の話で盛り上がるゲッコーステイトのメンバーたち。レントンの夢は至って普通とバッサリ。
そんなとき、コーラリアンが出るとかいう話が。レントンはコーラリアンって?ということでメンバーに聞いてまわるが答えは聞けず。エウレカにも聞いてみるが、エウレカは知らないという。作戦にはエウレカははずす予定だったが、レントンを付けるという条件付で出撃。

前回登場したアネモネですが、コーラリアンとやらを挟んで反対側にいる軍の艦に乗っていた。この艦長、けっこう大変そうです。
ドミニクに出撃するよう言われるが、アネモネは頭が痛いからいやだと必死に拒否。
すると、ドミニクはアネモネに注射を打つ。なんか注射用かと思われる穴があった。
注射を打たれたアネモネは、さっきまでとは態度が一変し、タイプ・ジ・エンドってので出撃。

月光号からはニルヴァーシュ含め3機が出撃中。レントンが喋るも、頭が痛いから黙っててと言われてしまう。トラパーが濃いため、リフってるだけでも大変だというマシュー。
月光号側にアネモネがやってくる。いきなりマシューが一撃食らう。ヒルダに助けられ、一旦後・。エウレカのとこにもアネモネが襲い掛かる。アネモネこえー。タイプ・ジ・エンドって操縦席が他のとはちゃうみたいだな。なんか目がいっぱいあってこわい。かなり強そうだ。
エウレカはやはり苦戦。そして、エウレカとレントンはあの世へ旅立った・・・?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

フタコイ オルタナティブ 第12話「光ある場所へ」

「もしもなんて無い!オレたちは出会ったんだから!!」futa221.jpg
今回はオープニングが無く、最終回が近いと改めて感じた。
沙羅を奪還すべくドイツに向かう恋太郎と双樹。日本からドイツまで何時間かかったことやら。
沙羅と公彦の結婚式へ参列するという名目で各国の武器ブローカーが集まる。目的はイカルスシリーズとかいうやつか。それを監視するICPO。「そうですね〜」といってる女性職員の人がちょっと気に入りました。たぶんああ見えてかなり優秀なんだと思われる。
結婚式の会場となる城ではイカのマスクを被ったイカにも怪しげなやつがオークションを開催していた。沙羅と公彦が結ばれることによりイカルスシリーズはより完成度の高いものになるんだと。いまいち理屈はわからんがとりあえずそういう理由から沙羅と公彦は結婚させられると。

ニコタマでは再開発に反対する商店街にひとたちが座り込み。組長んとこにもあのイカのマスクが。再開発の目的はイカファイヤーの量産だったか。
桜月組の組員たちも再開発には乗り気ではなく、若頭もやれるわけないと言っていたときブルドーザーが変形。強制的に工事を始める模様。
結婚式会場には、イカの指輪をはめるってときにようやく恋太郎と双樹が到着。
「おまっとさんでした」

futa222.jpg

恋太郎はこの結婚を仕組んだ真の黒幕を告げる。
「これを企んだ黒幕はワダツミ機関!裏の社会を支配し
人間とイカを合体させて不死身の怪人を生み出している秘密結社だ!」

「恋太郎・・・?」
沙羅たちは何言ってんの?って反応。確かになあ・・・秘密結社って・・・。
証拠にと取りだすニコタマスポーツ。微妙に信用しづらいようなんを持ってきちゃったな。
そしたら神父がイカファイヤーに変身。沙羅と公彦は光に包まれ上の方に。
結婚式に参加していた人たちもイカ。例のバットで応戦。しかし数がハンパやない。
助けにやってきたゴスロリ仮面、そして霜島さん。
霜島さんつえー。ボール一球で大量のイカを吹っ飛ばした。量産型のイカファイヤーは以前でてきたイカファイヤーよりも性能は劣るのかな。銃も通用すんのかな?通用せんかったらゴスロリ仮面は戦えそうにありませんが。

ニコタマでは組長がブルドーザーのひとつを破壊。組長やるなあ。
「このニコタマが好きだから」
という言葉にみんなの結束も高まります。

ドイツのワダツミキャッスルでは、イカのマスクが自爆装置を起動。
城は崩れはじめる。公彦はイカファイヤーに負傷させられる。沙羅に恋太郎のとこに行くように勧める。しかしそんな公彦を沙羅が放っておけるはずもなく。
双子の勘かなんかで沙羅の居場所を言い当てる双樹。
沙羅たちは恋太郎たちとは反対側に。双樹には戻るように言う。
そして恋太郎は双樹にキスを。
「沙羅には内緒だぞ。あいつ怒るとこえーからよ」
「また会おう。次会うときは3人だー!」
恋太郎は沙羅たちにいる方へ特攻。

今回はここで終了。次回はついに最終回「3人でいたい」か。
それにしても今回はイカですぎ。しかもあのイカのマスクの連中はいったい。
一見これもギャグのようにすら見えるよー。次回にはICPOも動くだろう。他の双子たちも出てくんのかな?とりあえず、るるとららは出てきそうだけど。1話んときになんかと戦ってたし。ICPOの一員なのかもしれんなあ。







banner_03.gif←よろしければ押してってください。

極上生徒会 第12話「それは雨の日に」

奏会長と奈々穂は神宮司の実家に行くことに。
留守をまかせると言われた管理人さんの返事は「えへ」。セリフがほとんど「えへ」だな。
今回の奈々穂さんは言葉遣いがやけに女らしく感じたなあ。
5年前、会長と奈々穂は出会った。
金城家は神宮司家に代々仕えているらしい。奈々穂もそういう風に育てられていた。
しかし、奏の最初の命令は奈々穂が自由に生きることだった。
そこで普通の子どもとして生きることができるようになった。
しかし、ふと奏のことを思い出し神宮司家へ。
奏は家から逃げ出そうとしていた。なんか神宮司家の人にはなんか能力があるんだとか。

奈々穂は奏に「逃げよう」と言うが、奈々穂の兄が現れ神宮司からは逃げることはできないと。しかし、変えていくことはできると言った。
まず何をしたいのか聞かれた奏の答えは学校に行きたいということだった。
そんで宮神学園を作ってしまったのだと。スケールがでかい話だ。そしてちゃっかり自分が会長に。

極上寮に帰った奏と奈々穂。ところが極上寮はボロボロ。
転校生の桂みなもの仕業なんだと。聖奈さんの妹だったっけか。
それにしてもよくここまでボロボロに壊したもんだ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。