2005年08月30日

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜第9話 「枯れない想い」

dcss9a.jpg
まだ喧嘩中の2人。アイシアは喧嘩してるのが自分の所為なのではないかと悩む。
純一の勝手な勘違いの所為ですよー。
音夢のとこに話をしにいくが見事に失敗。

そして、アイシアが公園で出会った人物とは…
misaki.jpg
美咲さんですか。さくらじゃなかったんだね。この人は桜の木の魔法のことは知ってるんだろうか。
アイシアに純一と音夢を桜の木のとこに連れていけばいいのではないかと伝える。

dcss9b.jpg
この2人ががんばってくれました。
美春のバナナ好きは相変わらず。バナナウォーズってなんだよw
バナナマンでも出てくんのか?
アイシアは純一をピクニックへと誘う。
そして純一と音夢をあの桜の木へと。

bo.jpg
「ア、ウタマルドコ行クノー?」
「ワー、迷子ニナッタラ大変デス。急イデ追イカケマショー。」

end.jpg
仲直りしましたー。恋人宣言もしちゃいましたー。この先の話はどうなるんだろ?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月29日

うえきの法則 第22話「犬丸の法則」

佐野が自分を助けるために十団に入ったと知った犬丸は、森に能力を与える。2人に能力を与えることは神候補の最大級の禁止事項、つまりそうすることにより自分は地獄へ落とされそして死刑となる。そうするとカルパッチョの仕掛けたデスペンタゴンは意味をなさなくなる。
植木は佐野のために地獄へ落ちてもかまわないという犬丸に対してコバセンの影を重ねて見ていた。そして犬丸を救えなかった自分に対して悔しく思う。
そんな植木をカルパッチョはさらに挑発する。そして植木はその挑発に乗り、カルパッチョに降りて来いと言う。それもカルパッチョの作戦通りだった。
まだ佐野と植木の決着は完全についていないので、バトルはもう一度やり直しということに。
ロケットを指輪に変える力を使ったカルパッチョ。これドンの能力と一緒やん、とか思ってたら今度は口笛をレーザーに変える力!?
カルパッチョの能力とは他人の能力をコピーする能力だった。そして十団の能力はすでにコピー済み。空を飛べるって時点でかなりやっかいな相手だと思うんだが、これに対して植木はどう戦うか・・・?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月28日

エウレカセブン 第19話「アクペリエンス・2」

eureka1.jpg
不調が続くエウレカ。レントンも、ブリタニの行動がショックだったのか引きこもり気味。
また、ブリタニの行動によって、軍に発見されてしまった月光号はピンチ。
そんな中、エウレカはニルヴァーシュからアミタドライヴを引き抜いてしまう。そしてエウレカは洞窟の奥へと進んでいっていまった。レントンはエウレカを追いかけていく。
レントンはニルヴァーシュをみつけ、その近辺を探す。
eureka2.jpg
エウレカは何かに取り込まれていて、変わり果てた姿となっていた。
一方、月光号。ホランドはニルヴァーシュに乗っていったのはレントンだと思い込んでいた。しかし、それがエウレカだったとわかると、エウレカの帰還をギリギリまで待つことにする。ホランドはレントンに対してかなり厳しい態度を取ってるな。月光号はこれ以上待つことができず、発進をすることに。

洞窟では、レントンが
「エウレカを守る力を俺にくれ!!」
叫び、急激にトラパー値が上昇。
seven.jpgni.jpg
これはセブンスウェル現象・・・?
これにより軍は撤退、月光号は難を逃れた。

エウレカの姿を見てホランドはレントンに言った。
horando.jpg
「お前、これ以上ニルヴァーシュに乗るな。エウレカのことを誰かに話したら、…俺何をしでかすかわかんねえぞ…」
ホランドは何を知っているのだろうか。レントンに対しては何の説明もないなあ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

ローゼンメイデン 第11話 「運命」

真紅は水銀燈と戦うべく、一人でnのフィールドへ。水銀燈はジュンに邪魔をされないよう、眠らせ夢の世界へと閉じ込めてしまう。ジュンは夢の中で昔のことを思い出し苦しむ。それにより力が出なくなってしまったのか、真紅は苦戦。水銀燈は真紅の発する「ジャンク」という言葉に対して過剰なまでの反応を示すな。
夢の扉が開くのを感じた翠星石と蒼星石はのりのところへ現れる。雛苺を真紅のもとへ送り、翠星石、蒼星石、のりはジュンの夢の世界へと進む。真紅も雛苺の助けを受けジュンの夢の世界へ。
そしてのりをジュンのもとへと向かわせる。しかし、ジュンはすっかり自分はダメな人間なんだと思い込み絶望していた。のりは必死にジュンを立ち直らせようとします。
「ダメじゃない人なんてこの世ににはいない。自分だってダメなんだと。だからみんながんばっている。何もせずに逃げ出すなんて許せない。」
その言葉を聞き、立ち直ったジュン。
「生きることは戦うこと」
その言葉を思い出す。水銀燈に腕をもぎ取られ真紅は怯えきった表情になる。こんな顔をした真紅は初めてだ。
ジュンは真紅の前にと立ち言った。
「真紅は僕が守る!!」

次でもう最終回かー。のりがジュンを立ち直らせようと説得してるとこはよかったなー。次回はどんな話を見せてくれるのだろうか。



banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月25日

極上生徒会 第21話「晴れの日はいつもレイン」

op.jpg
OPにあゆちゃん追加ー!!

今回はれいんがメインの回でしたが、思っていたのとは違ったかな。
もっとれいんの回想のシーンとかが多いんかと思ってたけど、昔の話はちょっと語られただけだったかな。

なんか小百合の髪型が変わったように見えた。
sayuri.jpg

ストーリーとしては極上寮に置き去りにされた赤ちゃんの母親を探すという話。
goku21.jpg
赤ちゃんを世話してるれいんを見てるとき、香がれいんの過去について話をする。
れいんの家は父子家庭で、さらにれいんの父は蒸発してしまったらしい。
れいんがトランプやゲームばかりするのは、父親を忘れたくないから。
イカサマをするのは、負けたくないから。負け続けると別れが待ってる。だからどんなことをしても勝ち続ける。

赤ちゃんの母親を探しているときに偶然、れいんの父親が駅前のシティホテルに泊まっていたということが分かる。
れいんは赤ちゃんのことを優先するというが、りのは赤ちゃんの母親もれいんの父親もどっちも見つけるんだと言う。
そして生徒会メンバー総動員で赤ちゃんの母親とれいんの父親の捜索に当たる。
赤ちゃんの母親を見つける際、なんかりのが能力を使ったっぽいですな。
りのがついに覚醒しつつあるんだな。会長は今のままでいることを願っているがそうもいかないかなあ、やっぱ。これからはりののことについての話が進んでいくことだろう。

次回は極上札戦闘。これからシリアス路線となっていくんかと思ったらそうでもないような…。
極上生徒会のゲームのCM見てたらちょっと欲しくなってきた…。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月24日

ぱにぽにだっしゅ!第8話「熊に山椒鯉に胡椒」

ベホイミメインの回。終始ベホイミ。そしてついにベホイミ地味化したよー。
今回もネタは豊富。マリオだしてきたー。さらに以前のPAWも訂正。
beho.jpg

ベホイミ、あからさまな魔法少女なのにあまり注目されてないことを悩む。
そして、鈴音・芹沢・南条・宮田・ベッキーを見て、自分が負けてると考える。
そこでニューコスチュームを考える。ここでは個人的には乙女がよかったなー。
otome.jpg
いろいろコスチューム考えるが、鈴音、乙女、ベッキーに持ってかれる…。

うさぎ小屋が火事!
中にはまだオオサンショウウオが。火の中をベホイミが助けに。そこに雨が降り出し火は消えた。
pa8.jpg
みんなはこれがベホイミの魔法だと思い込む。実際に雨を降らしたのは一条さんのようです。

そこまではよかったのだが、魔法を見られたということで、ベホイミは魔法の国へ帰るという方向に話が進んでいく…。
そして翌日イメチェンしたベホイミ登場。エンディングもベホイミ。しかも今回は歌までベホイミ。
イメチェン後
ベホ.jpg

漫画の方では、姫子に「いまさら魔法少女でさらに癒し系ってマキシマムダサくない?」
って言われて、イメチェンしたって話だったと思うが、このシーンがなかったのはちょっと残念。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜第8話 「嵐の予感」

dcss8a.jpg
雨の中飛び出していった音夢。心配になった純一は探しに行くことに。
アイシアは純一に傘を魔法で出すが、…ちっちゃい。しかも完全にスルーされた。
傘もささず雨の中、音夢を探すが、そこで音夢を車に乗せた保険医の昭島を見ることに。
ここで純一は、音夢が昭島のとこに行ったんだと思ったんだな。前回音夢と昭島がキスしたと勘違いしたままならそう思ってもおかしくはないな。
dcss8b.jpg

翌日。やけにテンション高い純一。
アイシアを連れて出かける。そこで珍しくバイトをしているという萌先輩に出会う。猿にブラを取られ、まわりの男たちの目を釘付け。しかし全く意に介せず。眞子の方が慌ててるがな。これじゃ萌先輩ただのバカにしか見えへんやんか。ただただ慌ててる眞子がかわいいだけっす。

dcss8c.jpg

ことりようやく登場。前回の予告からメインかと思いきや、んなことはなく。
DCSSの予告は信用できませんなー。ことりの笑顔はなんかせつない。
てかもう少しことりの出番を増やしてもいいのではないかと。

dcss8d.jpg

家に帰ると、そこにはもう音夢は帰ってた。
昨日はどこにいたのかと問い詰める。音夢は美春のとこだと言うが、昭島の車の乗っていたのをみた純一は信じず「嘘をつくな!!」と声を張り上げる。
それを見ていたアイシアはなんとかしようと、昼間みたオルゴールを出そうと魔法を使う。
「あ、あの…ほら、コレ…かわいいでしょ?…ねっ?えっとあ…、あれ?あれ?」
それでちょっと和んだのかと思ったが、純一は「余計なことするな!!」とオルゴールを叩き落す。…ちょっと、それはひどすぎやしませんか?

純一後悔。もう遅いんじゃないですかい?
次の日、昭島に会いに行き、全て自分の誤解とわかる。そして自分は全く音夢の気持ちをわかっていなかったと思い知る。

次回予告。
「私は朝の公園で不思議な女の子と出会いました。 えっ?どうしてあなたは純一と音夢の事がそんなにわかるんですか? 」
これは、さくらのことだよな。今回は信用してもいいよな…?


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月23日

うえきの法則 第21話「佐野清一郎の法則」

植木と佐野のバトルが開始。
植木は佐野とは戦いたくないので引き分けにしようと言う。しかし佐野は次に森や犬丸が戦うことになるかもしれないと言ったため植木は佐野と戦うことに。
佐野との戦いの中、植木は佐野の強さにワクワクし純粋にバトルを楽しむようになる。
佐野の能力は手ぬぐいを鉄に変える力。鉄に変えていられるのは息を止めている間だけのようなんだけど、わりと普通に喋っとったなあ。この能力はあんましパッとしないけど佐野のバトルセンスが抜群なんだと。天界人でいうと八ツ星レベル並の強さらしい。
しかし植木も負けてない。縄を跳ばず、自分の開けた穴に入り縄を回避。跳んでいる佐野は回避行動が取れず、鉄を食らい場外に落ちかける。佐野は初めからわざと負ける気だったらしいがその必要もなかった。そして自ら場外に落ちようとした時、カルパッチョがそれを止める。
そして佐野が十団に入った理由を語りだす。佐野が十団に入った理由とは犬丸を助けるためだった。
これに対し植木はどう行動するのかってところ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月18日

極上生徒会 第20話「あゆちゃん、アイドルになる」

gokujo.jpg
歩、アイドルにならないかと芸能事務所よりスカウトされ即答。アイドルになることに。
歩はそのため歌や踊りのレッスンの日々…。学校ではぐったり。自分の体のやわらかさをアピールするプッチャンがちょっと面白かった。

「どうしてスカウトされたのが桜梅歩で私ではないの?和泉香の小さすぎる胸に嫉妬の炎がメラメラと燃え盛るのであった」とプッチャン勝手に解説。


生徒会ではそのことについて話あってるみたい。会長は歩がやりたいのならと認める。
歩が隠密だと知らないっぽい奈々穂はなんか蚊帳の外って感じだな。
ホームページまでできたことにより、歩に忍び寄る影が…。

goku20b.jpg

極上生徒会では歩のアイドルデビューを(下心と打算で)応援することに。
そんなとこに双子の弟、桜梅有楽人あらわる。
「忍者で忍者ドロンドロン」
ってなんだそりゃw
どういう見分け方だよw

歩は抜け忍だったのか。忍者がいやだった理由は忍者の衣装にあるらしい。
そしてようやく歩が隠密であることが明かされる。忍者も特殊だがやっぱプッチャンはさらに特殊だよなー。琴葉でさえ間に入るのは無理があるとをためらう忍者2人の戦いに普通に割り込んじゃうし。

りのの説教が始まる。有楽人は自分のたった1つの夢を話す。
「グラビアアイドルの夏目ユリちゃんと仲良くなりたいんだ。」
なんかさわやかだ。歩は自分が有名になって夏目ユリを紹介すると言うと、有楽人は歩を応援すると…。
琴葉「それでいいのか、桜梅忍軍は…?というかダメだろう」

アイドルデビューの日、とっておきの衣装が届く。
それは忍者衣装。その衣装が嫌で抜け忍となった歩は逃げ出す。そしてアイドルデビューはなかったことに。集まった人たちには代わりに宇宙異星人エイリアンを再演。
夏目ユリを紹介できないとまた追われることになっちゃうのか…な?

今回の話は途中からシリアスな感じになるのかと思ったら、そうでもなくギャグ多め。前回とは逆な感じ。

次回はれいんがメインの回。そういや今までれいんがメインてなかったよなー。
これはたぶんシリアス路線でいくことだろう。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

ぱにぽにだっしゅ! 第7話 「吉凶は人によりて日によらず」

暴れん坊いもうと。
pani7a.jpg

ベッキーが騙されてじゃんけんで負けたためC組はプール掃除。
ベッキーは全く手伝う気はなしで、おしおきピンボールされKO。
一方、犬神のところには一条いもうと登場。すごい勢いでクッキー食いまくる。
犬神はやけに冷静だな。南条のペットのハム次郎、リスノ助がいなくなる。
操脳内会議より「おいしくいただかれました…」
「お…、恐ろしい子…」

pani7b.jpg
宇宙人のミスにより100倍の大きさとなった一条いもうと。
ベホイミは今度こそ出番と呼ばれるが、癒し系だから無理と。
背景にはやればできるとなってるようだけど。
一条さんはメソウサを差し向ける。するとちょうどよく一条いもうとの大きさが戻り
メソウサ胴上げ。しかし、皆の記憶は消されそのことはなかったことに…。メソウサのみ記憶が残る。ウサギだからまあいいだろうという結論に。

一条いもうと、ベッキーの絵を描く。できあがったのを見るとドクロ。
くるみは自分の絵を描くように頼むと、白紙。描くべきところがないと。見事な自爆!

プール掃除の特権として泳ぐことに。ベッキーは溺れるが、ワニ夫に助けてもらった(?)
エンディング後にはなぜかベッキー大爆発…。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月17日

エレメンタルジェレイド 第二十唱

「擬煌珠」
ele20.jpg
ここ何回かでレンのキャラがだいぶ変わったみたいだなあ。
キーアに「少し進んだ?」と言われ照れたり、クーに自分からキスしたりと。
フィロが現れたことにより、自分の気持ちに気付いたのだな。

そしてついにフィロはクー抹殺の行動に出る。
クーに自分はカオスクワイヤのエージェントだと告げ攻撃を仕掛けるも、クーはただ逃げ続ける。さらにはフィロを救い自分がピンチに。しかし、結局フィロはクーを殺すことなどできない。グラディアスの攻撃からクーを助け、フィロは瀕死の状態に。
クーとレンが癒しの唄を聞かせる。フィロの疑似核石が本物の核石に…。
フィロのキャラは結構気に入ってたのでラストにフィロが消えてしまったのは残念です。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜第7話 「すれ違い」

今回はサービスカットがかなりあったなあ。ストーリーの方はすれ違う話でした。

dcss7a.jpg

美春の家に泊まっていた音夢、純一たちが気になりとりあえず戻ってくる。
音夢のことを知らないアイシアは泥棒扱い。誰か説明してあげてよ。「私たちの家」とかさらに音夢を怒らせるようなこと言っちゃうし。
学校は身体測定の日。胸の大きさ気にする眞子、いいカメラアングル。
杉並に、音夢が男子の測定をするとか吹き込まれ純一は飛び出していく。杉並はさりげなく純一たちをフォローしてんだな。これには眞子も好感持ったっぽいな。

dcss7b.jpg

美春「体重計がひどいんです〜。私がやさしいことをいいことに1キロも増量するなんて〜」
美春はやさしい子だからねぇ〜w
美春はことりに抱きつき、ことりの胸が大きくなってると疑う。
「じゃあ、さわってもいいですか?」
美春はオヤジにジョブチェンジしました。

dcss7c.jpg

杉並「女は胸のみで生きるにあらず!!」
眞子の測定結果が1センチ減ったことを知ってる杉並w
相変わらず眞子と杉並のやりとりはおもしろい。

純一は保険医の昭島と音夢がキスをしたと勘違い。なかなか家に帰ろうとせず。
ここで先にアイシアがまともなことを言う。
「できません。できないんです。」
「だっておばあちゃんが言ってたから。魔法使いは困ってる人を見捨てちゃいけないって。」
「純一いま困ってます。だから帰れません。」
元々の原因をつくったのはアイシアのような気もするが…。
こんとき悩んでたのは純一の勝手な勘違いだけど。
アイシアが純一に手を差し伸べるシーンはよかった。

んで帰宅。アイシアはまだ音夢を泥棒と。まだ音夢のこと説明したなかったのか。
純一は音夢がキスをしてたと問い詰める。自分のことを信じていない純一に音夢は
「もう、いっしょにいられないよ…」
とまた出ていってしまいまいた。

7話目にしてはやくもシリアス路線だし、展開はやい気ぃするなあ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月16日

うえきの法則 第20話

「ネコとねずみの法則」
今回の対決は鈴子とカバラ。前回に続き、1話で決着が着いたので話の区切りはいいな。
カバラは連続で対決だな。今回は能力者相手ということで遠慮なく能力を使っての攻撃もしてきます。対決の場はねこフィールド。動物好きな鈴子はねこに攻撃ができないためやや不利。ってかフィールドは大体植木側に不利な気がするけど。
勝つための条件はねこに相手を食べさせること。気絶させても勝ちにはならないみたい。さらにねこの鼻に触ると、相手をねずみにすることができ、ねこはねずみに対して向かっていく。
ねこはかわいいけど、あんなけ大きさに差があるとちょっとびびるかも。
カバラはねこに攻撃を仕掛けそのすきに鼻を触り、鈴子がねずみに。ねずみになると「ちゅー」としかいえなくなる。ちゅーちゅー言ってんのがちょっとかわいい。向かってくるねことカバラの攻撃、どちらも気にしなくてはならず鈴子はピンチ。しかし、冷蔵庫にあるレモンをしぼり自分にかけることにより、柑橘系が苦手なねこの攻撃を避け、鼻に触れ今度はカバラがねずみに。
それでも空を飛べるカバラに対して攻撃ができない。カルパッチョはそれゆえカバラは負けることはないと思っていたみたい。しかし、鈴子は新しい技を身に着けていた。
鈴子ロケットにより、空を飛ぶ。さらにビーズキャノンで攻撃。結果は鈴子の圧勝ってとこか。

そして次の対決へ。なわとびフィールドにおいて、植木の佐野の対決。フィールドは今までのよりかなり危険な感じ。勝つには相手を場外に落とすか気絶させるか。これだと負けた方は能力は失ってしまうのかな、やっぱ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月12日

極上生徒会 第19話「さらば愛しき友よ」

香が買い物途中に発見した人形。それはりのの持っているプッチャンにそっくり。
試しに手にはめてみると、喋りだした。ランスと名乗る人形。
「あんたよくみるといい女だな」といい香の髪を下ろす。
「こっちの方が似合ってるぜ…。ふっ…」
周りの人は不思議そうに見てました。

kaori.jpg
ランス「昨日は楽しかったぜ…。ふっ…」
香「バカ…」

プッチャンとランスは誓いの杯を交わした義兄弟なんだとか。
流石に歩も突っ込まずにはいられなかったか、今回はすっかりツッコミ役。

pr.jpg
「プッチャン」「ランス」
「変〜身〜!!」
「どういう原理だ!?」
「聞いたらダメだ!」

プッチャンとランス強い。そしてすばらしく謎だ。
琴葉もそれが気になり調べるが、聖奈さんにとめられる。

seina.jpg
「あなたは触れてはいけないものに触れようとしている」
「私を本気にさせないで」
普段がにこにこ顔なだけに余計にこわい。

話は予想外にシリアスな展開に。
りのの母親のちえりさんも神宮司関係の人っぽいな。当然りのもなんか隠された能力みたいなもんがあるんだろう。会長はそれを隠すため宮神学園へとよんだのか。

次回はついにあゆちゃんがメインの回となるみたい。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月11日

ぱにぽにだっしゅ! 第6話 「藪をつついて蛇を出す」

ぱにぽには今回もネタが満載。わからんネタもちょいちょい出てくるなあ。

pa6a.jpg
冒頭は珍しく上機嫌なベッキー。自分の研究室ができることになったからだ。
校長に言われた空き部屋へと向かう。…人が住んでた。そして別の部屋にすることに。
授業中だが一条さんにより自習にさせられ、みんなで研究室にと紹介された旧校舎へ。
都が天井にある扉に気付く。「みなかったことにしよう」ということになったが
それを開ける仕事人一条。なんかよくわからん生き物が出てきました。

B組は体育。相変わらず乙女がかわいい。そして白鳥2号にされたメソウサ。
跳び箱に挑戦するが、跳ぶ前に足がポッキリ。そうこうしてるうちにいなかったことにされちゃってるよ、流石にかわいそうっす。

pa6b.jpg
天井の扉より現れたもんをなんとか元に戻した様子の一同。活躍したのは一条さんっぽいな。
一条さんがいてよかった…。いなけりゃ扉が開くことすらなかったけど。

一週間後、なんとか研究室は片付く。実態は悩み相談室になっちゃったけど。
B組の伊藤さんに地味といわれ泣きついてきたくるみ。
ライ麦畑で大をして…、台無しだ。
宮本研究室へとやってきた線貫。あの扉を開けてしまったようです。ベッキーが戻ってきたころには天井の扉は閉じられていたけど。
悩み相談には今度は柏木優奈が。優奈はベッキーが姉にされた話を聞いて元気が出て去っていきました。次は宮田晶。ひたすら泣いて研究室は洪水に。ポテトチップを食べて帰っていった。んで次には考える人…こと芹沢。「悩ンデイマス」
まあ見たまんまだな。
そして最後にC組の面々が遊びに。6号さんが落ちて壊れているマイクに気が付く…。
線貫は諜報活動をやめた方がいいかもしれんな。前は白骨化しちゃったし。



banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年08月09日

D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 第6話 「美春への手紙」

帰ってきました。
dcss6A.jpg
最初は美春の登場。途中までは美春がメインだと思っとりました。
朝はなぜか玄関で歯磨き。服装はチャイナ。うん、メインっぽい(?)

登校。アイシアは魔法を教えてもらえないとわかったのになぜまだいるんだろう?
純一に対しても呼び捨てになりやけに親しげだなー。そしてことりの扱いが微妙になってくる。
学校到着。美春に手紙が。純一はラブレターかなにかと思い込み授業中ずっとニヤニヤ。
眞子にバカって言われちゃってる。バカっていうよりただの変な人にしか見えん。
意味ありげに美春の写真を見る保険医。美春んとこに手紙いれたやつだな。
昼休みにはことりがプリンを持ってくる。バナナ味というのにボーっとしている美春。これにはみんな驚愕。純一が美春にラブレターがきていたと言う。美春への手紙を見たがる一同。
アイシアはそれを聞いて魔法を使い、みんなに美春の手紙を見せてあげようと動き出す。純一はそれを止めようとして階段を一緒に転げ落ちる。そして保健室にて治療。アイシアはすっかりエロ担当だな。
その帰り、アイシアに恋人はいるの?と聞かれ戸惑う純一。1話では恋人っぽいことをことりとしてはりましたが?まあそのへんは適当にはぐらかす。

dcss6B.jpg

翌日、保険医の話。そして現れる美春への手紙の主。
???「こら。そこ、うるさぁい。」
そこにいたのは音夢。
生徒たちは歓迎してるっぽいな。「もう帰ってきちゃったの?」とか思ってる人もいるんじゃないかなあ…。
保健の研修医としてやってきたそうな。なぜ研修医になれるのかはよくわからんが、気にするところではないにだろう。

純一は自分には教えずに美春には教えてたことに怒る。
教室を出ていくときにことりにぶつかるが無視。ちょっとひどいよ、それは。
保健室では、音夢が純一を待つ。なぜ美春にだけ帰ってくることを知らせたのかはよくわからん。パーっと勢いでやっちゃいたかったんなら誰にも知らせんでもよかったんちゃうかな。

純一は先に帰ったというのを聞き、音夢は飛び出す。
純一と音夢軽く口喧嘩。そして抱き合う。
純一「オレを騙した罰だ…」
音夢「兄さん…」
純一「待ってたんだぞ。2年も…(他の女の子たちといちゃつきながら)」

そして帰宅。そこにはアイシアが…。
そこで「しまった」と漏らす純一。まあこれは流石にまずいよなあ。
あー、音夢、家に入る前に飛び出していっちゃったよ…。

次回「すれ違い」
さあ、また以前と同じようなことを繰り返すのか。
まあそれもD.C.〜ダ・カーポ〜って名前の通りかもな。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。