2005年10月16日

エウレカセブン 第26話「モーニング・グローリー」

一度書いた記事が消えてしまったのがかなりショック…。
それはともかく、今回の話はかなり良かったです。
エウレカとレントンがついに再会しましたよ。

レントンを探すため、ボードで月光号から飛び出したエウレカ。
その進んだ先で、待ち構えていた州軍を発見。
それに気付いたチャールズとレイ。ちぃとばかし怖い感じになってました。
エウレカは2人の攻撃をかわしていくも、ボードから離れてしまい
チャールズの機体にしがみつく。しかし、まだ病み上がりなエウレカ、しがみついて
いられずに落下。

そこでニルヴァーシュに乗ったレントン登場〜!
エウレカを乗せ、チャールズが追いつけないスピードでその場を去る。
州軍の機体は、人を殺さないように戦闘不能にしていく。
なかなかに華麗だ。

そのレントンとエウレカに反応したのかニルヴァーシュが光りだす。
そして州軍の機体のリフレクションフィルムをはがし戦闘不能にしていく。

エンディングの曲は第1期の秘密基地。
これがまたいい感じでした。

今回は退いたけど、チャールズとレイと戦うときは来るんだろうなあ、やっぱ。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

灼眼のシャナ 第2話

「灯る炎」

色々と専門用語が出てきてよくわからんかったけど、今回で説明があって
大体はわかりました。悠二はさらに前から存在を喰われていたのかー。
syana2a.jpg
シャナはメロンパン好き。公式サイトにも書いてあった。
これを食べるときだけは、あどけない少女の表情に戻る?
らしいです。

存在を喰われたものは、トーチというものを代替物として置かれ
徐々にその存在は消えていく。そして始めからいなかったことになる。
自分がいなくなったら、父親や母親はどう思うのだろうかと悩む。
しかし、元々子どもがいなかったことになるなら、その方がいいと考える。
確かに、そうなんだけど消える方としては、忘れられるのは悲しいかなー。
てか、母親ずいぶんと美人ですなー。

syana2b.jpg

同じく存在を喰われ、消えつつあるクラスメイトの平井ゆかり。
悠二は、それを気にかけゆかりに懸命に話しかける。
ゆかりが好意を寄せる池を連れて、駅前に遊びにいこうと提案。
しかし、池もゆかりの存在をどんどん忘れていく…。
そして、ついに消えてしまう。一緒に撮ったプリクラからもゆかりの姿は
消えてしまった。

それがトーチというもの、そう理解する。
悠二はただのトーチ、自分はただのフレイムヘイズというシャナ。
そういう呼び方が気に入らない悠二。

そこで、名前を尋ねる。
名前は無く、名前など必要ないというシャナ。
ちょっと照れてる感じがかわいいのですよ。
悠二は贄殿遮那(にえとののしゃな)から、「シャナ」という名前をつけた。
このときから、炎髪灼眼のフレイムヘイズはシャナという名になった。

そんなに話としては進展はなく、説明が中心だったかな。
次回から話も進んでいくことでしょう。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

銀盤カレイドスコープ 第2話

「キーワードはトマト」

ピートは天国の入り口へと行ったものの、色々な事情により後100日待たなくてはならない。
そしてそっから落とされ、たまたま落下地点にいたタズサに憑依した。

ピートに憑依されて以来、生活のリズムを乱されまくりなタズサ。
同じ感覚を共有するのがいやでトイレを我慢し続けてるみたい。

ピートがトマトが苦手と知ったタズサはひたすらトマトを食いまくる。
この家の冷蔵庫、ずいぶんとトマトがあるのだな。
後ろから心配そうに見てる、ヨーコとコーチがおもろい。
どう扱ったらいいか困るわな。
練習にいくときもバッグにトマトたっぷり詰めてんのね。

先日の失敗のため記者会見。
タズサはマスコミに目の敵にされてんだな。
色々と大変そうだな、これは。
記者、なんか悪そうな面したのばっかりやん。
結局、挑発に乗ってしまいました。

フリーライターの新田一也により、ライバルである至藤響子と会うことになる。
とりあえずトマト関係のものを注文してるよ…。
徹底的にピートいじめだな。

その結果、腹をこわしトイレへと…。
そして大切な何かを失った。

いやー、これおもしろいですわ。予想していたのとは違ったが
おもしろいからそれでよし。
今回もあんましスケートの話はないようだったが
ギャグはなかなかによかったのです。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

BLOOD+ 第2話 「魔法の言葉」

小夜はハジにキスされたため一時的に目覚めたのか、刀を取り
怪物へと向かっていき一刀両断。血とかでまくりです。

そしてその後、血しぶきを浴びた自分の顔を見て、気を失ってしまう。
目が覚めたときには、記憶はなくなっていた。

まだ完全に覚醒したわけではないか。微かに昨夜の記憶も思い出す。
ジョージたちの会話は聞いてしまったのかな…。
小夜は、戦うためにだけ生まれてきた兵器なのだと。

そして小夜は病院から飛び出していった。
それを聞いたカイは小夜を見つけ、話をする。
小夜は俺達の家族だと言うカイ。
「なんくるさいさ」
なんとかなるって意味らしい。
なんとなくがんばれる魔法の言葉。

そして小夜は帰ることにした。
しかし、ラストのシーンはちょっとなあ…。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

ぱにぽにだっしゅ! 第15話「堅忍不抜」

pa15a.jpg
いや〜、いまさらだけどやっぱベッキーかわいいよな〜。

C組のバスが崖から落ちそうでピンチ。
漫画の5巻の最初の話だったかな。
なぜ、こういう事態になったっていう話に
なんかバスジャックの話も混じってた。
どこをどうしたらああいう状態になったのか、説明したようで
まったく説明されてないような…。
ファミコンネタはおもしろかった。かなりまんまだったけど大丈夫なのかなあ?

pa15b.jpg

特選ファイブって、どっかのスーパーのキャラクターとかで
使われてそうだなw
一瞬だけ、藤岡弘風のメソウサが現れてた。
実際のメソウサの方は悲しすぎるのです。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。