2005年11月27日

テレビが…

テレビが映らない。
これはかなり辛いもんがあるな。どうやら元のアンテナの方に問題があるっぽい。
今日一度直しに来てたらしく、一旦は映るようになったみたいだったんだけど、再び砂嵐。
当然土曜の深夜枠のアニメが全部見られません…。
シャナはどっかでネット配信してるんだっけか。はぁ…。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月25日

ARIA The ANIMATION 第8話

「その 憂鬱な社長ったら・・・」
今回はアリア社長スペシャルといったところ。アリア社長がかわいすぎた。
aria8.jpg
社長らしく、掃除の指揮をとる。しかし全く役に立たずそれどころか掃除の邪魔をしてしまう。
そこで、今度は料理を始める。あまりのまずさに倒れた…。
自分が役に立たないと思い、家出を決行。
ちゃんとメッセージを残してるしかなり知能が高いよな、社長って。

aria8-2.jpg
そのへんをうろうろしてみたものの、行くあてもなく結局帰ってきてしまいました。
社長の料理を食べれるようにしたアリシアさんは流石です。

「 その イケてるヒーローってば・・・」
aria8-3.jpg
アリア社長、ヒーローに変身!!
ヒメ社長はアリア社長だと気付かず、変身したアリア社長に好印象。
しかし藍華の一言であっさり正体バレた。同じ猫であるヒメ社長の方が正体にすぐ気付くんじゃないかあと思ったけどな〜。誰から見ても正体バレバレなんですけどね。

aria8-4.jpg
もちろんまぁ社長にもバレバレ。またまた噛み付かれました。
アリスに必死に、自分がアリア社長ではないと弁明してるさまが微笑ましい。

aria8-5.jpg
ヒーローとして落し物の人形を届けたかったが、持ち主が目前のところで
バナナの皮ですっころんだ。バナナの皮で滑って転ぶ猫は初めてみたかも。
人形は汚れてしまったけど、人形の持ち主は人形が戻ってきたということにとても喜んでいました。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月23日

D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 第21話 「二人の魔法使い」

dcss21-1.jpg
とりあえず本積みすぎ。
宿題が多いのか、ただ参考書を全部持ってきてみただけなのか。

dcss21-2.jpg
「元のぐうたらに戻るわけにはいかない」
さわやかに言ってくれてますが、現時点でもぐうたらだよね。完全なツッコミどころやん。
以前はいったいどんなだったんだ!?って話ですよ。

dcss21-3.jpg
さくら急接近。

dcss21-4.jpg
音夢感知→緊急離脱
いつまでも寛容な態度は続かないと踏んだか。

dcss21-5.jpg
アイシア説得。一応は理解したんだと思ったんだがな〜。

dcss21-6.jpg
さくらが2年前と同じ姿でいるのは、まだ純一を諦めてないからだ、と主張するアイシア。

dcss21-7.jpg
どーん…。
アイシアによって自分でも気付いていない気持ちを指摘された。
言ってることは突飛だが、一部的を得ていたようなのかな?

一旦落ち着いたかと思いきや、再びアイシア暴走。
完全に間違ってるってわけでもないような気もするけどね。
みんなが同じ人を好きなんだから、全ての人の気持ちが報われるってのは不可能。

魔法でも使わなきゃ無里!とでもいいたいとこだが、
話の流れ的に魔法があっても無理っぽいよなあ。



banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月21日

灼眼のシャナ 第7話

「二人のフレイムヘイズ」

syana7-1.jpg
マージョリー、酒に強いってわけではないんすね。わりと普通。
マージョリーは徒への憎しみで動いてるらしいですな。
てかフレイムヘイズって元々は人間だったのか。
フレイムヘイズになる人間は徒になんらかの被害を被ったものたち、か。

syana7-2.jpg
なんかの特訓。
悠二にまだ続けてと言われ、一瞬喜びの顔→顔ブンブン→なんでもない!

悠二の母親は、何でも受け入れるというより何も考えてないだけのような。
さらにはシャナを風呂に入れたよ。まあ別に問題ないですが。

syana7-3.jpg
アラストールに対しては正座。
でもタメ口なんだ…。

syana7-4.jpg
「何でだろう…力が湧く。」
悠二はわりと発想が鋭いんですな。それくらいしか役に立ちそうなとこないけど。

ラミーはついにマージョリーに見つかっちまったみたいだな。
手下になった奴らが意外と役に立ったといったところか。
シャナもその場に向かいマージョリーと再戦となるところ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

銀盤カレイドスコープ 第7話

「氷上のウェイトレス」

ついに始まった全日本。
ショートプログラムの演技順はまた至藤響子の次。
タズサを送り出すときのコーチおもしろいよ。
1ヶ月がんばって考えたんだなー。

演技の方はすごいような気もするが、実際のスケートがどういう風なのかよくわからん。
とりあえずウェイトレスになりきってたんだな。その客の中にあの記者たちまでおったな。
ミスはなく見事成功。
続いてフリープログラム。
そこでは転倒するも自分の力を出し切り完全燃焼。
それを見た至藤響子がらしくないミスをする。

いやー展開はやいなー。フリーの方はほとんどカットやん。
そして、オリンピックの選考も終了。
見事タズサが代表に選ばれたと。

エンディング後に急にフィギュア教室なんてもんがありました。
やるんならもっとはやくやっておいた方がよかったような。
それともフィギュアスケートについてわからん人が多いようだから作ったのか…?
ここではリアが普通に日本語喋ってたな。

次回「マスコミ戦争」
またあの記者が出てくんのか。
本気でウザイんだけど、あの記者たち。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月16日

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜第20話 「戻らない季節」

昼はさくらでも誘って外で食べるようにと音夢自ら言い出した。ものすごい余裕を感じさせる発言ですな。
アイシアはというと、純一に2年前のことを尋ねるが、ほとんど何も教えてもらえず。
だれかちゃんと教えてやれよ〜。アイシアが今までで最大の暴走を始めようとしている。
もう言ってることがめちゃくちゃだ。「何かがおかしい」といってるがアイシアの考え方もかなりおかしいのです。音夢の想いだけが叶ってことりの想いが叶わないのはおかしい…か。純一は1人しかおらんのやからそれはしゃあないような。魔法がどうたらという話ではないのでは?
さらには2年前の状況に戻そうと考えだしちゃった。さくらが桜の木を枯らした理由まですごい勘違いですよ。
そしてついに桜の木の復活を考え出した。

dcss20-1.jpg
みっくんとともちゃんが久々に現れたー。
アイキャッチにも出てたが本編にも登場しました。

dcss20-2.jpg
みっくんの言ってることはもっともな話だ。
もう完全にほったらかしだもんね。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月13日

灼眼のシャナ 第6話

「交錯・発動・対決」

syana6-1.jpg
散々待たされた吉田さん。
「もう帰る」
…と言われそのまま放置。
ひでぇ…。

syana6-2.jpg
悠二の母親に遭遇。
シャナのことをただのクラスメイトだと言う。
以前にただの〜と言うな、とか言ったくせにとシャナ。
悠二に刀を向ける。「うるさいうるさい」ってのがちょっと凄みがあったな。

その時、フリアグネの気配を感知しシャナはそっちへと向かっていった。
シャナはフリアグネと戦い始め、悠二は迷いつつもレミーの言葉を思い出し
シャナのもとへ。
そしてフリアグネに捕まって連れてかれる…。
それを追ってシャナは現れるが、やられる一方。

悠二はシャナに指示を出し始める。うるさいといいつつもしっかりとその通りに行動してしまうシャナ。さらに炎の力も増してくる。

シャナをトリガーハッピで狙うフリアグネ。シャナはダメージを受けて動けない状態であったが悠二の声に反応するようにガラスの破片で攻撃。
さらにマージョリーがここでシャナを援護。
そしてフリアグネを倒した。

その後背中合わせでシャナと悠二。
syana6-3.jpg
「最後お前の声が聞こえたから立てた」
「ただのなんて言わないでお前は坂井悠二よ」
さっきとはずいぶんと態度が変わりましたな。
悠二はというと、存在の力を吸い取られたが
0時になると復活するようで。秘宝中の秘宝らしい。



banner_03.gif←よろしければ押してってください。

銀盤カレイドスコープ 第6話

「チェンジ!」
ショートプログラムでの曲がリアと同じだと聞かされたタズサ。
強気なタズサではあるが動揺は隠せない。
リアのことを気にしてるためか、「リア」という言葉が耳につく。
リア…カー、リア…ウィンドウと無駄にリアの次に間あけてるし。
んで、そのことを聞きつけた記者たちがタズサのとこに群がる。
いつみてもこいつらはムカつくなー。

タズサ宅には監督が現れる。
その口くらい滑らかにスケートが滑れたら、というのにはちょっと同意です。
そしてその場の勢いで監督に見得を切ってしまう。

その後、ピートに言われプログラムの変更を決意する。
その案をコーチに伝えると、好感触。しかし、問題はそれを仕上げる時間。
コーチの指導にも熱が入る。ストーリー的におもしろくなってきた。
タズサの新衣装は次週に引っ張るのかと思ったけどそうじゃなかったな。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

ARIA The ANIMATION 第6話

「その 守りたいものに…」

前回名前だけ出てたアテナの登場ですね。

aria6-1.jpg
アリスは、左手がふがいないと、左手お仕置きキャンペーンを実施中。
そして自分の左手をつねる。そのアリスの左手をなめてあげるアリア社長がかわいすぎる。
私は左利きだったのを右利きにさせられたのですが、未だに箸を持ったりするのは左手のままだったり。

aria6-2.jpg
アテナはなかなかの天然さんなのですね。なんとなく予想はしてたけど。

aria6-3.jpg
アリスがこっそり飼っているというまぁ君。
どっかのお茶のCMのパンダのパペットに似てるような。

aria6-4.jpg
今回はアリスの崩し絵がやけに多いなー。

灯里は
「左手はそれほどヘタレじゃないかもよ」
とアリスに言う。
これはアテナのことも指して言ってたのかな。

aria6.jpg
アリスってそういや学生だったんだな。
このカットはなんか好き。

学校でアリスは左手は目立たないがしっかりと役に立っていたと気付く。

そしてアテナも同じように、アリスを陰ながら支えてくれてたと気付かされる。
アテナはボケボケではあるが意外としっかりしてるのですな。

ラストのとこでようやく藍華がちょっと登場。中の人多忙につき(?)セリフはなかったみたいだけど。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

ぱにぽにだっしゅ! 第19話 「芸が身の仇」

謎の桃月ウィルスのためC組は学級閉鎖となり、C組の面々はどっかに隔離されてた。
なんともエロい格好になっておりました。
D組では、その検査。メソウサが予想外の行動を取ってた。
「はい、胸を出して」って。いっぺんやってみたかったんだ…。
その一方でメディアがベホイミのメガネ取り上げ、ベホイミは
「かえせよー」
と。メディアがただのいじめっこにしか見えねえ。

そんで、ウィルスはというとメソウサから作られた特効薬で治ったと。
そしてウィルスの感染源はエイリアンと接触した一条妹か。
一条さんのおでこに病原体て書いてあったけど。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月11日

魔法少女リリカルなのはA's 第6話

「それは小さな願いなの(後編)」
今回は主にヴォルケンリッターとはやての出会いの頃の話。
nanohas6-1.jpg
突然目の前に4人が現れる。何も言わないのでヴィータが見てみると、はやては気絶していた。目がぐるぐるだったのです。

そんではやてを病院へ連れて行ったらしいのですが、当然のことながら怪しまれる。
nanohas6-2.jpg
「で、誰なのあの人たち?」
「なんかセクシーな格好のお姉さん2人に、かわいい女の子。…あと犬の耳と尻尾つけた変な人」
はやてはなんとか誤魔化そうとしてみる。
「あの人たちは親戚で…」
ちょっと無理がありますよ。
しかし、あからさまに怪しい面々をかばうはやては優しさに溢れてますな。

今まで感情を見せたことのないとされている4人だったが
はやてと触れ合ううちに感情を表していくようになる…。

nanohas6-3.jpg
ヴィータ、そのぬいぐるみが欲しいのか!?
はやてに買ってもらったようで、ヴィータも満面の笑顔でした。

ただ一緒にいてくれればいいというはやて。ヴォルケンリッターの4人も同じように考えていたのだろう。しかし、病院ではやての足の麻痺が進行しており、このまま進行が進むと危険な状態になると聞かされる。さらにその原因は不明。
そこで、シグナムははやての麻痺の原因に気付く。それは闇の書の存在だった。
闇の書がはやての体を蝕んでいた…。

ヴォルケンリッターははやての病気を治すために闇の書を完成させようとしていたのではなく、闇の書自体が病気の原因だったのか。
闇の書を完成させればはやての麻痺の進行は治まる、そう考えて闇の書の完成を急いでいた。

ストーリー的には、敵に位置づけられると思われるヴォルケンリッターだが、むしろ応援したくなっちゃいますよ、これじゃあ。


アイキャッチではなのはが今まで一番かわいかったように思いました。
ユーノくんが食われてた…。つまりユーノくんはなのはの枕元で寝てるってことか。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月08日

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 第19話「さくらの言葉」

さくらが帰ってきたということで、ようやくストーリーが動き出したかな。

dcss19-1.jpg
純一の布団にもぐりこむ行動がさくらっぽいすね。しかし、それを見た音夢は、
すごい笑顔。逆に怖いってそうゆう行動とられると。そうやって怖がらせる作戦なのか!?

アイシアはとういうと、さくらの行動をチェック。
「やはり音夢の料理は口に合わない、と」
ここでも、まだ音夢がひたすら笑顔だったらさらにおもしろかったのだが。

アイシアはさくらについて屋根の修理に。
そこで、きっぱりと魔法は教えられないと伝えられる。
ちょっと落ち込んでたが、翌日には即復活!
再びさくら家へ。
さくらはアイシアを連れて、町をブラブラ。
そしてあの桜の木へと。
さくらは「魔法は危険なもの」という考え。
アイシアは「魔法は人を幸せにするもの」とさくらと対立。

dcss19-2.jpg
さくら「君がそう思っている限り、ボクは魔法を教えない。絶対に。」
人を幸せにする目的で植えられた桜の木。
しかし、実際にはその逆の事態が起こってしまった。
それ故さくらは、「魔法が危険」という認識のないアイシアに魔法は教えられない
ってことかな?

ところで、さくらが戻ってきた理由ははっきりとはないみたいなんだよな。
なんだか胸騒ぎがしたからとか言ってたけど。
たぶんその胸騒ぎの原因はアイシアにあるんだろうなあ。
ほっといたら、魔法でえらいことしてしまいそうやったからなぁ。

次回で2年前の話をアイシアは聞くと。
しかし、なぜことりに?その辺は純一に聞くべきなのでは?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月07日

銀盤カレイドスコープ 第5話

「1人でデート」
練習のし過ぎのためか、タズサは膝を痛めて休養を取るように命令される。
コーチがちょっとコーチらしかったですよ。

休養といってもフィギュアスケートのことが頭から離れない。
全く別のことを考えようってことで外出。
今回はちょっとピートに付き合うことに。確かに「1人でデート」っすな。
端からみれば、1人でぶつぶつと喋ってる変な人ですが。
タズサってそこそこ有名なんだと思ったけど、声をかけるような人はおらんのだな。
あんましいいイメージを持たれてないせいか。

ピートの生前のことが語られてました。
アクロバット飛行とかしてたんですね。1話に出てた飛行機はピートが操縦してたやつか。
ピートのことについて少し考えたタズサ。自分の行動にちょいと反省。

一方家の方ではコーチがタズサの帰りが遅いのを心配してました。
ヨーコの発言を真に受けてるのがおもしろかった。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月06日

灼眼のシャナ 第5話

「それぞれの想い」

syana5-1.jpg
悠二を美術展へと誘うため待っている吉田さん。
池の助けもあり、悠二は承諾。池やるやん。あの眼鏡の輝きは伊達じゃねえ。

syana5-2.jpg
こいつこんなキャラだったんだ。姐さん呼んでるし。
マージョリーの手下みたいになっちまったな。敬語強要です。

syana5-3.jpg
吉田さんとデート中、屍拾いのレミーと出くわす。
こいつがマージョリーのターゲットらしい。
悠二とレミーは2人で話し始める。
吉田さん、完全に放置ですか。ちょっとひでえっす。

syana5-4.jpg
しかし、このちょっと怒ってる顔はかわいい…。


syana5-5.jpg
出番の少なさに不満のシャナは手すりを破壊してしまいました。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月05日

ぱにぽにだっしゅ!第18話「果報は寝て待て」

今回はまろまゆのキャラがいろいろと出てきておりました。

pa18-1.jpg
妙子とかは今までにもたま〜に出てきたりしてましたが、今回は普通にセリフもありました。
疫病神見習いの妙子は、メソウサに不幸になってほしいとお願いする。
メソウサは、疫病神が関わっていなくても既にかなり不幸なんですけども。
今回がさらに悲惨だったのは、妙子の力が働いたのか?
むしろ芹沢茜のが不幸になってたような。

メソウサに取り付けられた爆弾解体の練習に使われる。
pa18-2.jpg
「リ・ア・リ・ズ・ム♪」
メディアこえー…。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

魔法少女リリカルなのはA's 第5話

「それは小さな願いなの(前編)」

nanohas5.jpg
ヴィータとザフィーラの前に現れたなのはとフェイト。
自分達は戦いにきたのではなく、話を聞きたいというが「話し合いに来たやつが武器をもってくるか!」といった旨を伝え拒否。

そこに、結界の外からシグナムが強引に侵入してくる。
ここで、なのはVSヴィータ、フェイトVSシグナム、アルフVSザフィーラ
といった図式に。クロノとユーノについては、1対1でやりたいから邪魔すんなとのこと。

nanohas5-2.jpg
なのはのアクセルシューター。以前よりもパワーアップしてるとこ見せつけますよ。
数が多すぎて制御しきれないというヴィータですが、レイジングハートは
「出来ます。私のマスターなら。」と完全に信頼してますな。
ええ、これでも主人公ですから。

nanohas5-3.jpg
フェイトはプラズマランサーか。
弾いたり避けたりしても追ってきます。
エネルギー的に効率は良さそうっすね。

nanohas5-4.jpg
この2人は素手での戦いとなるか。
これはこれでいいかも。

nanohas5-5.jpg
クロノがシャマルを抑えたかと思ったが、そううまくはいかず。
謎の仮面の男がシャマルを助ける。
こういう仮面のキャラって声がやたらかっこええんだよな。

闇の書の力を使い、結界を破壊。
ヴォルケンリッターは勝負を一旦あずけ撤退。
はやて宅へ戻るもはやてはすずかの家へ行っていた。
電話ではシャマルはひたすら謝ってたな。

nanohas5-6.jpg
この2人が友達になったということはこれからの話に関係してくんのかな?


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月04日

ARIA The ANIMATION 第5話「その あるはずのない島へ…」

ネバーランドへの招待状を受け取った灯里。
ゴンドラでその場所へと向かいます。そこで出会ったのはよく知ってる面々。
藍華とアリスも同様に招待状を受け取り、同じとこへ来たようです。
待っていたのはアリシアさんと晃の2人。3人を集めた目的は特訓ですか。
アリスの所属するオレンジぷらねっとの先輩であり3大妖精の1人でもあるアテナと
いう方も来る予定だったようですけど、間違えて違う島へ行ってしまったらしいです。
それだけでもうどんなキャラなのかわかったような気がします。

それにしてもアリア社長おもしろいな〜。
なんかアリア社長が映るたびに笑みがこぼれています。
syatyo5.jpg

特訓中はほとんど晃が指導してばっかりだったな。
アリシアさんはほとんど喋ってなかったような。
晃はまたすげー顔になってましたな。
akira.jpg
ちょっと怖ぇよ。

アリシアさんには性格上あんな崩し絵はなさそうだなー。
晃とは同じ3大妖精ってもずいぶんとキャラがちゃいますしな。
なぜかアリシアさんにはさん付けしてしまいます。

アイちゃんはまた声だけですか。
アニメのオリジナルキャラらしいから話に絡めづらいんだろな。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年11月03日

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜第18話 「桜色の蜃気楼」

18話目にしてついにさくらの登場となりました。
それにしても前半がかなり微妙。今回はホントにさくらが帰ってきた、というだけの話
だったような…。
さくらを見たという噂を聞き、みんなでさくら探し。どこを探していいかわからんから
とりあえずうたまるについていくことに。そんな大勢でラーメン屋とか入りよって…、
すげー冷やかしですよ、これは。店の人は純一たちのこと完全にスルーっぽかったですが。
そんで、結局人違いと。紛らわしいっての!一瞬さくらが眼鏡かけたのかと思っちまったよ。

そんで、みんなと別れて、音夢と純一だけになったところで…
dcss18-1.jpg
ようやく本物のさくらを発見!

音夢がさくらに向かって駆けていく。そして抱擁。
え?なんというか…予想外の行動。てかさくらに対する音夢の行動がいまいち理解できん。
さくらも戸惑ってるって。

dcss18-2.jpg
風呂上りにも抱き合う二人。

dcss18-3.jpg
「やれやれ、俺はお払い箱か…」



えー、今回でようやくさくらのご帰還でしたが、さくらはちょっと元気がないという感じだったな。
それはただ音夢の行動に戸惑っていただけなのかなー。純一に胸をこすりつけたりと、さくら
らしい場面も見られましたが。
次からはやはりアイシアがさくらに魔法を教わろうと、さくらにまとわりつく日々が始まるのでしょうかねえ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。