2005年11月08日

D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 第19話「さくらの言葉」

さくらが帰ってきたということで、ようやくストーリーが動き出したかな。

dcss19-1.jpg
純一の布団にもぐりこむ行動がさくらっぽいすね。しかし、それを見た音夢は、
すごい笑顔。逆に怖いってそうゆう行動とられると。そうやって怖がらせる作戦なのか!?

アイシアはとういうと、さくらの行動をチェック。
「やはり音夢の料理は口に合わない、と」
ここでも、まだ音夢がひたすら笑顔だったらさらにおもしろかったのだが。

アイシアはさくらについて屋根の修理に。
そこで、きっぱりと魔法は教えられないと伝えられる。
ちょっと落ち込んでたが、翌日には即復活!
再びさくら家へ。
さくらはアイシアを連れて、町をブラブラ。
そしてあの桜の木へと。
さくらは「魔法は危険なもの」という考え。
アイシアは「魔法は人を幸せにするもの」とさくらと対立。

dcss19-2.jpg
さくら「君がそう思っている限り、ボクは魔法を教えない。絶対に。」
人を幸せにする目的で植えられた桜の木。
しかし、実際にはその逆の事態が起こってしまった。
それ故さくらは、「魔法が危険」という認識のないアイシアに魔法は教えられない
ってことかな?

ところで、さくらが戻ってきた理由ははっきりとはないみたいなんだよな。
なんだか胸騒ぎがしたからとか言ってたけど。
たぶんその胸騒ぎの原因はアイシアにあるんだろうなあ。
ほっといたら、魔法でえらいことしてしまいそうやったからなぁ。

次回で2年前の話をアイシアは聞くと。
しかし、なぜことりに?その辺は純一に聞くべきなのでは?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。