2005年06月12日

フタコイ オルタナティブ 第10話「クマのように舞いイカのように刺す」

2koi2.jpg

ネギま、極上と同様30分遅れー。

恋太郎たちのいる銭湯にやってきた霜島。双樹の養育費とかを届けに来た。恋太郎はそれを断るが、霜島になかなかに厳しいことを言われる。これが現実ってやつか。

そうこう言われ、恋太郎は双樹に公彦のところに行くように言ってしまう。すると、双樹は恋太郎に依頼。その内容は自分を探してくれという初めに来たときと同じもの。

その後の恋太郎の行動は、ニコタマの開発計画を止める運動でビラ配り。とっととショッピングモールを作れーとかいう奴にとび蹴り、ジャイアントスイング、腕ひしぎ十字固め。
双樹のことで悩んでるとこにイカファイヤー登場。恋太郎完膚無きまでやられる。針山たちがやってきてなんとか助かったが、恋太郎はさらに落ち込んでる感じ。

居候先の杉作のおばちゃんとこへ戻ったら、事務所の2周年記念パーティー。みんなで騒ぐなか「双樹は?」との声。恋太郎は、探さない方が双樹のためにいいと思ってのことだと。
ばーさんに、父親そっくりの思考回路だ、みたいなことを言われ双樹を探しに行くことに。
怪我を負いながらも双樹を探し、やっと発見。双樹は恋太郎に気付くもなぜか川の方に歩いていく。恋太郎はそれでも双樹を追い、抱きしめる。
「捕まっちゃった」
と双樹。これもまた前に聞いたセリフだな。

その日の夜、イカファイヤーが暴れだし、二子魂川は炎に包まれた。
恋太郎はみんなの逃げる方とは反対に走っていく。イカファイヤーをなんとかする気なのだろう。恋太郎は父親を超えることができるのかといったところか。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


[アニメ] フタコイ オルタナティブ 第10話 感想
Excerpt: これは恋太郎は親父を越えなければならないって事かな。無力で何もできない男。女も守る事の出来ない男恋太郎。親父も最愛の女を守れなかったんですよね。その後、愛するニコタマを守る為イカと戦って死亡。女をとど..
Weblog: 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
Tracked: 2005-06-12 05:17

フタコイ オルタナティブ 第10話
Excerpt: 今回は、ますます鬱展開かと思いきや、イカファイヤー登場で急展開なお話。 中盤いきなりイカファイヤー登場で、何事かと思いました。 アクションに戻るのは鬱展開が終了してからだと思っていたので意外な..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2005-06-12 07:28

フタコイ オルタナティブ #10 「クマのように舞い イカのように刺す」
Excerpt: タイトルが意味不明杉なのですが、本編見たらそれなりに納得?してしまいました。本来は、蝶のように舞い、蜂のように刺すでしたかね。今のところ、気がかりなのは沙羅なのですが、完全に置いてけぼりな状態なので、..
Weblog: 師匠の不定期日記
Tracked: 2005-06-12 09:08

さあ、選べっ! おまえは男になるのか! 男になるのか! 男になるのかっ!
Excerpt:  フタコイオルタナティブ第11話「クマのように舞い、イカのように刺す」 ネタは出来るだけスルーで。と思ったけど実はあまりネタは無かったような?
Weblog: Je pense, donc je suis.
Tracked: 2005-06-12 09:43

フタコイ オルタナティブ 10話
Excerpt: クマのように舞い イカのように刺す タイトルは恐ろしく謎であるのに、しっかりした内容で良かった。 EDの演出ではなぜか泣ける泣ける。 ここまですごいアニメになるなんて双恋からじゃ想像..
Weblog: アキバ世代blog
Tracked: 2005-06-12 22:15

フタコイ オルタナティブ第10話『クマのように舞い、イカのように刺す』
Excerpt: 朱雀湯に入っていた恋太郎と双樹。 そこに三ツ木グループの霜島がやってくる。そこに積まれたのは札束。 いわば、生活費を提供しようというのだ。恋太郎は拒否するが…… 霜島 「責任を持って守る?どうや..
Weblog: 桃月マンガ研究部blog
Tracked: 2005-06-13 17:47

フタコイ オルタナティブ 第10話 「クマのように舞い イカのように刺す」
Excerpt:  生きていたぼくらの味方イカファイヤー!!  恋愛、アクション、ギャグ、エロ、そしてイカ・・・ 「フタコイ オルタナティブ」に必要な要素が全て揃いました。  あとはボンタくん、君の復活..
Weblog: 吠刀光
Tracked: 2005-06-15 14:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。