2005年10月16日

銀盤カレイドスコープ 第2話

「キーワードはトマト」

ピートは天国の入り口へと行ったものの、色々な事情により後100日待たなくてはならない。
そしてそっから落とされ、たまたま落下地点にいたタズサに憑依した。

ピートに憑依されて以来、生活のリズムを乱されまくりなタズサ。
同じ感覚を共有するのがいやでトイレを我慢し続けてるみたい。

ピートがトマトが苦手と知ったタズサはひたすらトマトを食いまくる。
この家の冷蔵庫、ずいぶんとトマトがあるのだな。
後ろから心配そうに見てる、ヨーコとコーチがおもろい。
どう扱ったらいいか困るわな。
練習にいくときもバッグにトマトたっぷり詰めてんのね。

先日の失敗のため記者会見。
タズサはマスコミに目の敵にされてんだな。
色々と大変そうだな、これは。
記者、なんか悪そうな面したのばっかりやん。
結局、挑発に乗ってしまいました。

フリーライターの新田一也により、ライバルである至藤響子と会うことになる。
とりあえずトマト関係のものを注文してるよ…。
徹底的にピートいじめだな。

その結果、腹をこわしトイレへと…。
そして大切な何かを失った。

いやー、これおもしろいですわ。予想していたのとは違ったが
おもしろいからそれでよし。
今回もあんましスケートの話はないようだったが
ギャグはなかなかによかったのです。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。
この記事へのコメント
「ブログフリーク」からのお知らせ


ブログランキングサイト「ブログフリーク」がオープン!!

只今【 iPod nano 】が当たるキャンペーンを実施中です。

皆様のご登録・ご参加をお待ち申し上げております。

本登録開始 もしかして あなたが一番乗り!!

目指せ、アクセスアップ!



ブログフリーク
http://blogfreak.jp/

お問い合わせはコチラから
http://blogfreak.jp/ask/
Posted by ブログフリーク at 2005年10月16日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8195532

銀盤カレイドスコープ・第2話
Excerpt: 「キーワードはトマト」 色々な事情があって、100日経たないと天国には行けないと
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2005-10-16 05:33

(アニメ感想) 銀盤カレイドスコープ 第2話 「キーワードはトマト」
Excerpt: 前回の放送は正直そんなに気合入れて見てなかったのですが(つまらなかったら途中でチャンネル変えようと思ってた)主人公の女の子がかなりキテたので思わず最後まで見てしまいまし..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2005-10-16 06:24

銀盤カレイドスコープ 第2話
Excerpt: 「キーワードはトマト」 OP/EDが完成してました! 第1話の時のOPは「は? 今、なんかあった?」の超短さでしたからね。 それはともかく、やっぱりカレイドスコープはギャグ路線でいくよう..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2005-10-16 10:47

銀盤カレイドスコープ【第二話】
Excerpt: なるほど…第一回のOPが短かったのは、幽霊がまだ出てなかったからか。 納得…。 今回もかなりおもしろい回でした。 幽霊になりたいと思った人お
Weblog: Mysterious Dripping
Tracked: 2005-10-16 11:49

銀盤カレイドスコープ 第2話[隠していた自分]
Excerpt: 第2話<キ??ワ??ドはトマト> *オ??プニング “取り憑かれて”から3日。ストレスとプレッシャ??に 押し潰されて気が狂(ふ)れてしまったのだろうと、 妹やコ??チから同情されてからも同じ..
Weblog: キミヲカガク BLOG
Tracked: 2005-10-16 11:51

銀盤カレイドスコープ 第2話「キーワードはトマト」
Excerpt: 最初は全く期待していなかった銀盤カレイドスコープ。しかしそれは全くの杞憂だった。 それどころかある意味今期一、否、今年一番の内容かもわからんね。ネタ的に。 原作では熱血スポコンもののはずがアニメで..
Weblog: K-DIARY
Tracked: 2005-10-16 22:03

銀盤カレイドスコープ 02話
Excerpt: <a href="http://www.sonymusic.co.jp/Animation/ginban/" target="_blank">公式HP</a> 見...
Weblog: Anime impression
Tracked: 2005-10-16 22:34

銀盤カレイドスコープ 第2話
Excerpt: 桜野タズサ 16歳 この瞬間 大切な何かを失った… とにかく一番最後のこれに大爆笑でした(笑)。 他にも色々と笑いどころ満載の素晴らしいギャグアニメですね。 一応フィギュアスケートパート..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2005-10-16 23:27

銀盤カレイドスコープ 2話
Excerpt: あはははははははははははは!!!!!!!あ??はっはっはっはっは♪ 開始1発目に大爆笑! これは本当に日曜の朝に見たかったぞw 憑いた霊が可愛い女の子だったら、良い百合百合アニメになった..
Weblog: まさとのヲタ的行動記録
Tracked: 2005-10-16 23:40

銀盤カレイドスコープ#2感想
Excerpt: 冒頭、ビートが天国?に行き なぜタズサに取り付くことになったかのいきさつを説明。 なんでも100日間一緒にいないとダメらしい。 ビートの弱点がトマトとわかったタズサ(注 自称100億..
Weblog: endlessspace-無限空間
Tracked: 2005-10-17 00:00

銀盤カレイドスコープ  第2話
Excerpt: 10/15 TXN 26:50- タズサが見たこと感じた事を全てピートも感じるという状況 朝も幽霊ピートが起こしてくれるので、目覚まし無しで確実に起きれる お目覚め気分が悪いことは間違い無し..
Weblog: Mugi_Sta 2
Tracked: 2005-10-17 00:53

キーワードはトマト
Excerpt: 桜野タズサ 16歳 この瞬間 大切な何かを失った・・・ ベートーベンの第九をバックに。
Weblog: tune the rainbow
Tracked: 2005-10-17 16:02

銀盤カレイドスコープ 第2話「キーワードはトマト」
Excerpt: 銀盤カレイドスコープ アニメ・パプリカ ピーとは、どんな偶然からタズサに取り付いたのかと思っていたら、天国の事情によって、100日間、締め出しを食らったようですね。 真下で回っていた..
Weblog: パプリカのアニメ鑑賞よた話
Tracked: 2005-10-17 16:40

銀盤カレイドスコープ #2
Excerpt: 第2話 キーワードはトマト どうやらピートは天国に行く途中で神さまの事情により100日後に来てくれと言われて 地上に落とされた時に、偶然タズサの上に落っこちて憑依したらしい!ええのんかそれで(..
Weblog: ナナは7番のナナ
Tracked: 2005-10-17 16:58

銀盤カレイドスコープ第2話
Excerpt: ども!上になるとか下になるとかのサービスはいたしません。Rio121ですw 恐らく多くの人が切る対象として候補に上げていたであろう『銀盤カレイドスコープ』の第2回。皆さんはどうだったでしょうか?..
Weblog: いまはむかしな物語。
Tracked: 2005-10-17 18:41

銀盤カレイドスコープ第2話「キーワードはトマト」
Excerpt: お、神様 ってうぉぉぉぉぉぉい!! シリアスならシリアス、ギャグならギャグと割り切って話が進むのは好印象。 今回最初から最後までほとんどギャグだったのがよりよい。 半々の割合でや..
Weblog: Heart of the Daze
Tracked: 2005-10-17 21:26

銀盤カレイドスコープ
Excerpt: とまとの食べ過ぎで、ギャグ満載。ある意味可愛そうなヒロインだけど、楽しめそうです。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2005-10-17 22:33

銀盤カレイドスコープ 第2回「キーワードはトマト」
Excerpt: ★銀盤カレイドスコープ 第2回「キーワードはトマト」 【公式】 冒頭、天国にいるっぽいピート。 100日後にまた来るがいいとか言われて地上に落とされてタズサに。 これは、前回のピートがタ..
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2005-10-18 00:05

銀盤カレイドスコープ第2話・「キーワードはトマト」を見て
Excerpt:  今回は、ピートと身体を共有してしまったが為に起こる、タズサ最大の懸念事のお話。  タズサが見たこと感じた事は全てピートも感じてしまうと言う事は、ウ○うわなにをするやめろ  それを三日も四日も..
Weblog: サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
Tracked: 2005-10-18 13:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。