2005年10月22日

BLOOD+ 第3話

「はじまりの場所」

髪が長く裸の小夜。そしてその小夜に銃を向けるジョージ。
ジョージは小夜を殺そうとしていた。
しかし、それができなかった。

学校は再開され、小夜は登校する。
小夜が翼手と戦ったという事がだんだんと薄れていく。
小夜は元気がないということは、空腹だからと思われてるんか。
過去2回の話でもそんな感じではあったけど。

ジョージは小夜を自分の先祖が眠る墓へと連れていく。
そこで少し昔の話を始める。
ジョージは昔ベトナム戦争へ参加しており、そのときの恩人から
小夜を預かっていた。
アメリカに帰るつもりだったが、居心地がよく沖縄に住み続けることになった。
結婚もし、娘もいたが、事故で亡くしてしまっていた。
その後、カイとリクを引き取り育てることにした。
カイとリクもジョージとは血が繋がっていなかったのか…。

そして店へと戻る。
そこではデヴィッドが待っていた。
その後、フォレストも店へと現れる。
なんだが様子がおかしいが、フォレストは翼手と化していた…のか?
ハジが助けに現れ、小夜に戦ってと刀を渡す。
ジョージは刀を取り、フォレストへと向かっていくが返り討ちか。
フォレストにはまだ意識があるようで、ジョージの言葉を聞き去っていった。
かなりの出血のジョージ。このまま死んでしまうのかな、やっぱ。
デヴィッドの方は思ったよりも傷は浅いようで。
事の済んだところでカイが到着。タイミングがいいのか悪いのか。
次回予告はなかなかかっこええ感じでしたよ。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月21日

ラムネ 第2話「夏の畑とななみすぺしゃる」

lamune2-2.jpg
七海はすずかが入ってると思って風呂へ。
しかし、そこには健次が入ってた。

lamune2-1.jpg
「健次君と七海、いっしょに風呂へ入れてきましたよ」
「そうですか、それはどうも。これで我が家の将来は安泰ですかな」


さて、ラムネの第2話です。
相変わらずな感じの健次と七海。
試しに苗字で呼び合ってみたりと。
それが2人にとっては新鮮だった。
普通は順番が逆なんだけどな〜。

健次に対してやきもちでふくれてんのもかわいいっすね〜。
次回にはもう1人新たなキャラが出てくるみたいです。
今回は名前だけ出てきてたので、誰?とか思ってたんですが。
ところで、サブタイトルのななみすぺしゃるって出てきたか?

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月16日

エウレカセブン 第26話「モーニング・グローリー」

一度書いた記事が消えてしまったのがかなりショック…。
それはともかく、今回の話はかなり良かったです。
エウレカとレントンがついに再会しましたよ。

レントンを探すため、ボードで月光号から飛び出したエウレカ。
その進んだ先で、待ち構えていた州軍を発見。
それに気付いたチャールズとレイ。ちぃとばかし怖い感じになってました。
エウレカは2人の攻撃をかわしていくも、ボードから離れてしまい
チャールズの機体にしがみつく。しかし、まだ病み上がりなエウレカ、しがみついて
いられずに落下。

そこでニルヴァーシュに乗ったレントン登場〜!
エウレカを乗せ、チャールズが追いつけないスピードでその場を去る。
州軍の機体は、人を殺さないように戦闘不能にしていく。
なかなかに華麗だ。

そのレントンとエウレカに反応したのかニルヴァーシュが光りだす。
そして州軍の機体のリフレクションフィルムをはがし戦闘不能にしていく。

エンディングの曲は第1期の秘密基地。
これがまたいい感じでした。

今回は退いたけど、チャールズとレイと戦うときは来るんだろうなあ、やっぱ。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

BLOOD+ 第2話 「魔法の言葉」

小夜はハジにキスされたため一時的に目覚めたのか、刀を取り
怪物へと向かっていき一刀両断。血とかでまくりです。

そしてその後、血しぶきを浴びた自分の顔を見て、気を失ってしまう。
目が覚めたときには、記憶はなくなっていた。

まだ完全に覚醒したわけではないか。微かに昨夜の記憶も思い出す。
ジョージたちの会話は聞いてしまったのかな…。
小夜は、戦うためにだけ生まれてきた兵器なのだと。

そして小夜は病院から飛び出していった。
それを聞いたカイは小夜を見つけ、話をする。
小夜は俺達の家族だと言うカイ。
「なんくるさいさ」
なんとかなるって意味らしい。
なんとなくがんばれる魔法の言葉。

そして小夜は帰ることにした。
しかし、ラストのシーンはちょっとなあ…。


banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月13日

ラムネ 第1話「ヤドカリと麦わら帽子」

ラムネ始まりました。
珍しく関西が最速とのことで、なんとなくうれしい気分になってしまいます。

最初は子どもの頃の話から。
lamune1.jpg
主人公の健次、小さい頃から幸せそうな生活を送ってますなあ〜。
隣にあんなかわいい子が住んでるってだけでもかなりラッキーなのに…。

そして現在の話へと。
lamune2.jpg
朝、健次が七海を起こしに行くとベッドの間に挟まって寝てた。
自分も同じ経験があるのであんまし笑えなかったり…。まあ大分小さい頃の事ですが。

この2人は交互に相手を起こしに行く約束をしているようです。
仲のおよろしいことで。

lamune3.jpg
走って暑くなったのか、服を脱ぎだす七海。ところがリボンが引っかかってしまう。
「このまま満ち潮になったら溺れてしまう〜」
いや、潮が満ちる前に歩いて逃げれるだろw
なかなかにいいキャラですな、七海は。


七海の家は喫茶店をやってるんだな。
2人して畑に野菜とりにいく。

スイカ素手でわって食い始めた。
ちょっとうまそうだな。でも冷やしてから食った方がうまいと思うんだがねー。
ななみすぺしゃるって書いてあったのを食べちゃったみたいです。
lamune4.jpg
七海は怒ってたようだが、結局仲良くスイカ食ってますな。

lamune5.jpg
喫茶店にはヤドカリのぬいぐるみみたいなんが置いてあった。
名前はヤドカニだったりしてw


あー、思ってたよりもよかったかな。
特に目新しいもんがあったわけではないように思うが、七海はいいキャラだったし
十分に楽しんで見られました。




banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月12日

舞-乙HiME 第01話 「ユメノ☆アリカ」

zhime1.jpg
これは、舞-HiMEの続編なのかな。
パラレルワールドみたいなもんか。
見たことあるキャラがわんさか登場です。
だいたいは見た目は同じ。中身がだいぶ違うキャラもいた。
マシロとか、前作とは全く違うなあ〜。
ミコトはなぜに猫なんだろうか?途中で人に変身したりしちゃうのかな?

とりあえず、メインはアリカ、ニナ、マシロだな。
話は、最初はちょっと戸惑ったがなかなかよかった。
これからも見続けたいところですな。

それにしても月曜、火曜あたりはだいぶ見るアニメが増えたなー。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月10日

BLOOD+ 第1話 「ファーストキス」

blood+1.jpg
BLOOD+ 第1話見ました。
夕方の6時に放送する内容としてはちょっとグロいですかな。
飯食ってるときとかには見たくないな。
話としては、まだまだこれからかな、よくわからん言葉とかも出てきたし。
おもしろいとかの判断はまだすべきではないというか、できないか。



banner_03.gif←よろしければ押してってください。

2005年10月03日

エウレカセブン 第24話「パラダイス・ロスト」

サブタイトルの通り「パラダイス・ロスト」な話でした。

eu-24a.jpg
前回の予告でのレイの驚いた顔。
その理由はやはりレントンのことだった。
レントンの父はアドロック・サーストンだったと知ったからだった。

問題はそれからだ。
さらに、以前はゲッコーステイトのメンバーであったことを明かす。
レントンもその後に、チャールズとレイが現在軍に所属していることを聞かされる。
チャールズたちはニルヴァーシュの奪取という任務がある。当然いっしょにいることなどできない。
しかし、それでもレントンに対する態度を変えるということはしなかった。

eu-24b.jpg
最後まで大人だったよ、チャールズ。
レントンの質問に対して「当たり前でしょ」と答えるレイ。
そう言いながら泣いている。嘘なのが丸分かりなのが切ないね。

そしてレントンはチャールズとレイの下から去った。
別れるときには、パパ・ママと呼んで欲しいところだったがまあいいか。

レントンは月光号に戻るだろうな。
しかし戻るってもどうやって戻るんかねえ。
当然戻ったらチャールズたちと戦うことは避けらんねえだろうなあ。
やっぱこの人たちとは戦ってほしくないよ。

次回ではまた新たなキャラが出てくるみたい。
レントンは次回ではまだ月光号に戻らないのかな?
チャールズの過去についての話もあるっぽいな。

banner_03.gif←よろしければ押してってください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。